Home > 事業所案内

事業所案内

ご挨拶

自閉症をもつ方々へ、エビデンスに基づく療育を

岡田恭典

 私は、小児科医としてこれまで、多くの発達障害(自閉スペクトラム症、注意欠如多動症、学習障害)をもつお子さんの診断やご説明、地域療育・教育への引き継ぎという仕事に以前より取り組んでまいりました。しかし、適切な教育、療育がされない例、就労でつまづく方々、スキルや知識不足から思い悩む支援者も多く見てきました。

 発達障害の方々に必要なのは、個人の認知の違いに合わせた教育・療育です。経験や慣習、思い込みによるものではなく、効果の実証されたエビデンス(証拠、根拠)に基づく、適切な教育や療育により成人期の最大限の自立が可能になります。

 この法人の目的は、発達障害をもつ方々に対し、療育・教育・就労支援といったライフスタイルに応じた支援事業を行い、発達障害をもつ方々の地域での普通の暮らしを支えること。そして、エビデンス(証拠、根拠)に基づく、適切な療育支援を提供できる人材育成を目的としています。

エビデンスに基づく療育を実践できる人材を地域で育成

 この法人では、科学的根拠に基づく教育・療育を実践できる人材を地域で育成します。 人材育成は、一朝一夕にできるものではありません。時間も、お金も掛かります。 そして何よりクオリティーコントロールが必要なのです。 しかし、未来の子供達の為に、一刻も早くEBPを提供できる人材の育成を、地域全体で取り組まなければなりません。 そして、育成した人材は地域医療において、自閉スペクトラム症を抱える方に、幼少期から、成人期まで切れ目のない真のサービスの提供へと繋がることになります。

理事長 岡田恭典

※エビデンス。証拠、根拠を意味する言葉です。科学的に検証された研究結果に基づいて医療を行なうこと。
※EBP:エビデンス情報に基づく実践。

スタッフ紹介

  • 岡田恭典

    理事長 岡田 恭典

  • 岡田恭子

    副理事長 岡田 恭子(小児科医)

    人として、支援者として、また小児科医として、子育て全般と自閉スペクトラム症をもつ方のために共に学び、歩んでいきたいと思います。

ぽっこクラブ1

  • 富岡
    富岡 真由美

    スタラクチャードティーチング実践家/臨床発達心理士取得を目指しています

  • 矢島
    矢島 里美

    日々学びながら自閉スペクトラム症の理解を深めていきたいです。

  • 佐々木
    佐々木 璃菜

    国際資格の取得を目指しています。

  • 沼尾
    沼尾 美里

    国際資格の取得を目指しています。

ぽっこクラブ2

  • 高柳
    高柳 直美

    スタラクチャードティーチング実践家/臨床発達心理士取得を目指しています

  • 関谷
    関谷 美幸

    自閉スペクトラム症の理解から日々勉強始めました

  • 工藤
    工藤 栞

    TEACCH公認臨床家、臨床発達心理士取得を目指しています

  • 手塚
    手塚 亜希子

    TEACCH公認臨床家、公認心理師取得を目指し日々勉強しています。

  • 松澤
    松澤 沙季

    認定心理士からのステップアップと種々の国際資格の取得を目指しています。

お問い合わせ窓口
  • お電話でのお問い合わせ

    tel0276-55-6732

    AM8:30〜PM17:30(土・日・祝は定休)

  • メールでのお問い合わせ